全国指導者養成講座について

指導者養成講座は、都道府県連盟を代表する家庭クラブ員並びに顧問教諭を対象として、高等学校における学校家庭クラブ活動とその運営について研究討議を通して、リーダーとしての資質の向上を図り、学校家庭クラブ活動の推進を図ることを目的として行われています。

この講座は、毎年7月下旬頃に代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて2日間のプログラムで実施しています。クラブ員講義や分科会では、「生きる力」を育む家庭クラブ活動の大切さと、それを実践していくリーダーとしての自覚や課題発見への気づきを育てるために協同学習やプレゼンテーションが行われます。そして、リーダーとしてのスキルアップを図るため、コミュニケーションスキルや表現力を磨くためのワークショップも行っています。特に、体験講座においては、様々なものづくりや伝統文化を学び、その成果は都道府県連盟でのセミナーや養成講座で多くのクラブ員に伝達講習がなされています。

また、この講座は文部科学省との共催で行われ、受講者には修了証が授与されます。

◆第64回全国高等学校家庭クラブ指導者養成講座

令和5年度第64回全国高等学校家庭クラブ指導者養成講座は、8月3日(木)・4日(金)の2日間に渡り、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、開催いたしました。

  • 分科会グループごとに協議題「見つけよう 楽しもう 私たちの学校家庭クラブ活動」について、これまでやってきた活動、これからやってみたい取り組みについて話し合いをし、全体会ではそれらをまとめたPowerPoint等による発表をしました。
  • 令和5年度第64回全国高等学校家庭クラブ指導者養成講座研究集録(PDF版17mb)を作成いたしました。ホームページメニューの「役員ログイン」より、「会員ページ」にログインし、ダウンロードをしてください。【10月1日公開】

◆第65回全国高等学校家庭クラブ指導者養成講座

  • 日  程:令和6年7月25日(木)・26日(金)
  • 研修会場:独立行政法人 国立オリンピック記念青少年総合センター