家庭クラブ連盟
全国研究発表大会について

 

東京大会(第66回)報告  

第66回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会東京大会は、53年ぶりに7月26日、27日の両日、文京シビックホールで開催されました。東京都は、日本の首都となって今年で150年を迎え、日本の伝統・文化と最先端の技術革新とが見事に融合された魅力ある世界の大都市になりました。現在、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催に向け、都内すべての学校で「オリンピック・パラリンピックの精神」「スポーツ」「文化」「環境」を柱とした教育を展開しており、その取組には環境やボランティアなど、私達の学校家庭クラブ活動に関連しているものが多くあります。今日はネットで検索すればなんでも答えが見つかる時代ですが、自分や家族、地域の生活改善のために自分は何ができるか、どのように取り組むかは自分自身で考え、見つけなければなりません。また、この大会は、自分とは異なる考えやアイディアを持ったクラブ員と交流を深め、刺激し合って、互いに成長していくことができると確信しております。
 なお、大会の詳細は、FHJ誌№3(有償販売 1冊250円)をご覧ください。
2日間の大会の概要は、DVDとして1本2,500円で販売され、家庭科の授業でご活用いただいています。

>shopping

テーマ:東京発 希望の切符を携えて 夢に向かって走り出せ