家庭クラブ連盟
全国研究発表大会について

 

富山大会(第68回)報告  

第68回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会(富山大会)は、8月6日、7日に富山県民会館で開催する予定で富山県では全校加盟を進めて実行委員会を組織し全県一丸となって準備をしてきました。

しかしながら、新型コロナウィルス感染症の拡大によって、学校が休業になり、緊急事態宣言が発出され、全国的な感染拡大状況を鑑み「生徒と先生方の健康と命を守る」「感染の拡大を防ぐ」観点から、当初の計画を見直し、生徒や関係者が集まる形では開催しないことを決定しました。

そこで、できるだけ全国のクラブ員に成果を還元したいとの思いを基本として、大会運営を組織的に丁寧に進めてまいりました。研究発表は大会誌と音声入りパワーポイントのDVDによる画像発表としました。大会誌とともに7月に審査員と全加盟校に配布しました。この方法は、夏以降、まだ、新型コロナウィルス感染症の拡大が続く中での各都道府県連盟や各ブロックでの研究発表大会で富山方式として活用されて引き継がれています。大会誌にはスカラシップ留学生の報告、日本学校農業クラブ激励の言葉、次期開催地(徳島県)紹介などできるだけの情報を載せました。大会のDVDを作成し、これも全加盟校に配布しました。大会中には富山県共生センターで富山県内のみで、研究発表の展示、富山県の紹介、手話コーラスの動画を撮影してDVDに入れました。

大会誌は、大会終了後に大会までの取組みや、大会時の様子をカラーページとして加え完全版として作成し、全加盟校に配布しました。これらの取り組みから全国のクラブ員が全国大会を共有できたのではないかと思っています。

スローガン「~らいちょう羽ばたく富山から みんなでつなぐ輝く未来~」のように、できるだけ全国のクラブ員に成果を還元したいとの思いをどのようにしたら伝えられるのか考え、前向きに大会運営を進め、クラブ員が直接触れ合うことが出来なくても、全国のクラブ員の思いを形作った新しい形での富山大会が開催できたことは、「みんなでつなぐ輝く未来」を富山から発信できたのではないかと確信しています。

なお、大会詳細は、FHJ誌No.3(有償販売 1冊250円)、第68回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会誌(有償販売 1冊500円)をご覧ください。大会の概要は、DVDとして(1本3,000円で頒布)、家庭科の授業でご活用いただいています。

 

富山大会は、富山県高等学校家庭クラブ連盟の総力を結集した素晴らしい大会でした。

 

>shopping

テーマ:らいちょう羽ばたく富山から みんなでつなぐ輝く未来