家庭クラブ連盟
家庭クラブ連盟の紹介

全国高等学校家庭クラブ連盟(FHJ)は、高校生の家庭クラブ活動を推進している全国組織です。

全国高等学校家庭クラブ連盟(FHJ;Future Homemakers of Japan)とは

全国高等学校家庭クラブ連盟(全国連盟)は、高校生全員が学ぶ家庭科の学習内容の発展としての実践的・体験的な活動のホームプロジェクトと学校家庭クラブ活動を推進するための全国組織です。
「高等学校家庭クラブ活動を推進し、クラブ員のホームプロジェクトや学校家庭クラブ活動への研究意欲と資質の向上を図る」ことを目的として、昭和28年(1953年)に結成されました。現在では、主な活動内容として全国研究発表大会、全国指導者養成講座、機関誌「FHJ」の編集、各種コンクール・コンテスト、アメリカへの留学生派遣などを実施しています。

本連盟の呼称であるFHJとは、Future Homemakers of Japanの略で学校家庭クラブ活動の原点であるアメリカの家庭クラブ(FHA:Future Homemakers of America※)にちなんで命名されたものです。

※アメリカのFHAは1999年にFCCLA(Family, Career and Community Leaders of America)と改称しています。


学校家庭クラブ活動の4つの基本精神

「創造」常に新しいものを創造し飛躍しようとする意欲をもつこと
「勤労」労を惜しまず、体を動かして実践すること
「愛情」優しくあたたかい気持ちをもってものごとにあたること
「奉仕」他人への思いやりの心をもって尽すこと


学校家庭クラブ活動は、この4つの精神を活動の柱として「研究活動」「ボランティア活動」「交流活動」を行っています。そのためシンボルマークは、マークの中心に学校家庭クラブ活動を表すFHJをロゴとして意匠し、周りを囲む四つ葉のクローバーは、「創造・勤労・愛情・奉仕」を表しています。ロゴマークの赤は愛情を、四つ葉の緑は自然と環境を表しています。 “人と人とのふれあいを大切に、自然と共に生きる”活動への思いが込められています。このシンボルマークは2002年に全国連盟50周年を記念して、21世紀の新しい家庭クラブを表すシンボルを全国のクラブ員に広く公募し、誕生しました。

沿革と概要について

沿革


<全国連盟結成まで>
  • 昭和23年 CIE教育指導官D.S.ルイス女史から家庭科の学習にホームプロジェクト・メソッドを取り入れることを示唆され、全国に4校の実験校を設置
  • 昭和24年 CIE家庭科教育指導官M.ウィリアムソン氏の指導によりホームプロジェクト・学校家庭クラブ活動を取り入れた指導法が普及し、各県に研究指定校設置
  • 昭和25年 新潟・大阪・神奈川・三重・岐阜・京都の6府県が高等学校家庭クラブ連盟(以下県連盟)を結成。その後毎年、都道県連が結成されていく。
  • 昭和28年 全国高等学校家庭クラブ連盟(以下全国連盟)結成大会
  •  第1回全国研究発表大会(現在に続く)
  •  全国事務局を東京都立竹台高校内に置く 機関紙「高校家庭クラブ」創刊
  • 昭和29年 全国連盟規約施行
  • 昭和34年 家庭クラブ会館竣工 家庭クラブ会館を財団法人家庭クラブへ寄付
  •  全国連盟事務局を家庭クラブ会館へ移転
  • 昭和35年 第1回全国指導者養成講座開催
  • 昭和61年 新家庭クラブ会館落成披露
  • 平成 4年 全国連盟規約全面改正 40周年記念誌「40年のあゆみ」発行
  • 平成 5年 家庭クラブの歌「明日へ」選定
  • 平成10年 全国連盟と財団法人家庭クラブが業務提携
  • 平成14年 50周年記念式典 全国大会(北海道大会)にて シンボルマークの改定
  • 平成24年 法人改革により財団法人家庭クラブが一般財団法人家庭クラブに移行

概要


新宿駅より徒歩8分の場所に事務局があります。

■所在地
〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-20-6 家庭クラブ会館内
TEL 03-3370-6321 FAX 03-3370-6763

■会員
会員 各県連盟に所属する学校家庭クラブ員
加盟学校数 1,399校 会員数約26万名(平成29年5月現在)

■活動内容

・研究発表大会および総会の開催
・指導者養成講座の開催
・機関紙「FHJ」(年5回)編集協力
・各種コンクールの実施・・・料理コンクール、ホームプロジェクトコンクール、クリエイティヴコンテスト
・アメリカへの留学生派遣(2名)
・各学校家庭クラブ員功労者表彰
・FCCLA(アメリカ)との交流活動 
・歳末助け合い募金 等

組織


組織